私はお日様

 

 

 

 

 

 

 

お日様

つがい

いにしえの時代、石と話せる少女がいました。
彼女は石と会話をし
人々へ、その人にあった必要な石を届けて行きました。
石を授かった人々は、不思議なことに様々な力を授かり、
不安や心配、災いから免れたそうです。
少女の不思議な力に助けられた人々は、
彼女を神様と崇め、

“”お日様“”

と呼びました。
のちにお日様は、世界中の人々へと
石を通してたったひとつの

“”なにか“”

を届けていきました。
お日様の ”なにか” は時に愛であり、
時にやすらぎ
時に癒し
時に見守りとなりました。
お日様の届ける "なにか" を、人々は彼女の分身と想い、

“”お石様“”

と名ずけました。
お日様が、人々へ届けた生きた石は、お日様より
受けとった守り神として崇められ
お石様となりました。

いにしえより、
土地の繁栄と人々の安息を願い、
干ばつが訪れれば雨乞いの儀とし、
疫病が流行れば、疫病退散の儀とし、
天災が起これば、天災納めの儀等、
自身の身を差し出し、自然を守り、
疫病、災害を防ぐために、
人々は願いを込め、魂を込め
滝行を行って参りました。

宗派により滝行は様々ですが、
私たちの届けている滝行は、
自然と共に生き、今ある当たり前のものに感謝をし、
自分の身を差し出し、
心から大切な人を願い守るために
行っております。

滝行に入る際は、
ご自身の願い事、欲、邪念に囚われず、
今ある当たり前のものに感謝し、
大切な人の幸せや、安全を願いながら禊をなさってください。

そうなさる事で、
皆様自身の脳内もリセットされ、
瞑想と同等の効果を感じることができます。

瞑想と同じ効果を得ることで、
本来の能力を引き出すだけでなく、
心と身体を整えてまいります。

瞑想

瞑想

日頃より、
活発にお使いの

体、脳、心

を整えるための瞑想を
3タイプご用意しております。

瞑想とは、
無になり当たり前の今を感じ、
心を空にし、
何も考えず呼吸に集中するなど、
やり方は様々ですが、
わたくしたちは、
瞑想を、体感して頂き、
日々の習慣として
お届けしたいと思っております

風水

風水

わたくしたちのお届けする風水は、
日常にあるあたりまえの環境を
整え、流れを変えて運気を呼び込み
あたりまえの日常をより
快適に過ごしやすく、ストレスのない
癒しと安らぎが当たり前にある
幸せな日々へと届けたく
風水を始める運びとなりました。

わたくしたちの生きるこの星は
本来生きやすく過ごしやすく
あたりまえに感謝を感じることの出来る
場所であるべきですが、
現代社会による家族の形の変化、
働き方の変化により
生きずらく感じてしまう事も、
しばしばあるかと存じますが
お家の環境整理だけでなく、
心の整理もご一緒させていただきたくおもっております。


わたくしたちのお届けする風水は
寄り添い共に作るをテーマに
取り組んでまいります。